2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年11月20日 (月)

あーすぷらざ

久々のお出かけレポ

あーすぷらざ。神奈川県の施設です。

最寄りは本郷台。

大人の入場料は400円です。

5階がメインで色んな国の文化が学べるお部屋があり、そこでは色んな国の楽器がさわれたり、民族衣装が着られたりします。

子供は元気に走り回っておりました。


私は戦争の展示をみて勉強。興味深い内容でした。

2時間程度の滞在でした。

居酒屋に家族で行き、関内に宿泊しました。

2017年11月19日 (日)

計算力はまだ微妙だけど

あの手、この手?で勉強サポート中。

効果が目に見えてというのはあまりないのですが、最近、変わったこととしてはムスメがふとした生活の一場面で計算し始めたことに気づきました。

5個ずつ入っているお菓子を5個もらうときに25個だねとか

108円のものを買うのに110円を渡したら

お釣りは2円か

と言ったり。

レベル低い!話ですが、
今までは私がいくらこれはいくつかな?とか、おつりはいくらかな?とか誘導しても

うるせー。わからねー

的な態度だったのが、自らちょっと計算するようになったのよ。

色んな本に親が生活の中で誘導と書いてあるけれど、基礎的な学習をする前に誘導してもまーったく興味がない子もいるわけで、基礎をつけてあげると、生活でも使っていくタイプの子なのかもしれません。

それを思うと色んな博物館に沢山出かけたとしてもうちの子の場合、あまり、アクティブラーニング的な効果は薄かったわけで、たぶん、単に

楽しかったー

程度なのかもしれませんね。

さて、話は変わりますが、娘の学校で学習発表会なるものがありました。

昨年は劇でしたが、今年は工作や絵などの展示でした。

小学生の作品だから

と思って行ったら、クオリティの高さに感動してしまいました。

特に六年生の作品は丁寧だし素晴らしかったです。

こどもは学校で勉強だけではなく色々なことを学んでいるのだと改めて感じました。

また私の子供時代は図工というと絵の優劣や器用さを競う?ような教科だった印象でしたが、今はもっと自由に自分の自己表現の場なのだなと感じました。

お勉強だけではなく図工の授業も時代と共に変わってきたことを実感しました。

2017年11月17日 (金)

引き算で指を使うのはなぜか

計算演習を始めてからまだ1か月とたっていませんが、徐々に九九と引き算のスピードがあがってきました。






もちろん、まだまだ遅いのですが。






九九はほぼ条件反射レベルになってきたので一安心。テストがあると聞いても慌てなくなりました。

» 続きを読む

日々のお勉強記録

二年生の11月の平日のお勉強はこんな感じです。

宿題
漢字、音読、算数の簡単な問題

チャレンジ 国算
時間がないときは片方のことも。国語は学校の進度にあわせているので学校の進度が追いつくまでしていないこともあります。

計算問題
30問程度 小学一年程度の繰り上がり繰り下がり練習。

漢字
前日の宿題や通信教育で書けなかった漢字5つくらいの確認。

時間が更にあれば市販の問題をちょこっとしたりしています。

集中すれば30分以内の分量ですので、スイミングレッスンがある日もできます。

ゆるゆるの勉強ですが、数字に対するアレルギー的なものはなくなり、学校のテストの問題以外の問題形式に慣れ、授業も楽に理解できるようになったようです。
計算はまだまだ遅いのでここは継続的にやる必要はあります。

ということで次のステップに!

とヤキモキ?しているわけですが、今ムスメに特に足りないのはある程度の分量がある文章を読み抜く力。
普段の読書も楽なものを選ぶので自然とはつきづらい。

語彙力も非常に乏しい。

この際、国語が良問と言われているz会に鞍替えすべきか?でも段階を踏むべきか。
と悩ましいです。

ということでこども新聞をとってみようかと思いつきましたsun

試読がとどいたらまたレポートします。

2017年11月16日 (木)

スイミング授業参観

ムスメのスイミングのレッスンを見学してきました。

一学期に一回このような機会があるようです。入会してから二度目の機会になります。

普段は窓越しにしかみられないレッスンがプールサイドまで行けるし、撮影をしてもいいのよ。

普段はムスメが勝手にバスで行って帰ってくるのですが、こういう機会に様子をみて応援してきました。

今は16級で初級の最後の級です。

16級を合格すると晴れて
中級
になります。

次回の参観日は中級のムスメに会えるはずー!

行ったついでに水着も買っておきました。

先月から週二回の月8回レッスンですが、先月二回休んだので、最初の2週間は週に3回レッスン!

4月から通い始めてやっと?!ノーブレクロールまで来ました。ノーブレクロールとは息継ぎのないクロールです。

ムスメ、1回目のレッスンのときは

思ったより難しい

と言っていました。

受かるかわからない、らしいです。
練習しかないですね。

見学したのは新しい級に入ってから5回目のレッスンでした。

入会したときは、ふしうき程度だったのが、バタ足でしっかり進んでいるのは感慨深いわ。

親が教えるにしてもこれだけの日数をプールに付き合うのは大変なので、スクールに感謝ですわ。

レッスンをみるのは前回の参観日以来だったのでムスメは喜んでおりました。親がみにくるのが嬉しいのね。

プールサイドでみられたのは20分程度でしたが、何度もチラチラと私をみてニンマリしていました。

楽しそうで何よりでしたー。

2017年11月15日 (水)

通信教育 がんばる舎 まとめ

がんばる舎エースを2か月間とりました。
家庭学習を今までまともにしていなかった我が家としては、好印象のプリントテキストでしたsun
利点
 
  • 安い!月々800円で2年生なら2教科が学べる。2か月目には生活の1年分のプリントがもらえる(生活は別になくてもよかったかな)
  • 初月無料キャンペーンをしていることがある。
  • 始めるのもやめるのもネットで可能。やめるのは、電話というところが多いなか、これは、魅力的でした
  • 教科書準拠たまに教科書にのっていない文章や問題がありますが、これはこれでよい
  • 漢字の練習や算数の復習が数枚あってまとめの確認によい
  • 解答は裏が白い紙なので、のちのち裏紙として利用可能
  • 基礎的な学力の定着には最適
  • 答えや問題と同じ大きさでみやすい
  • 国語や算数は選択問題だけではなく文章を書かせる問題が適度にある。
デメリット
  • 1日20分もかからない量だった。プリント1枚が5分程度で終わるものが多かった(たまらなくていいという話も?)
  • プリントの単純さが簡単にできていいが子供や親を引き付ける魅力がさほどない。
  • 親がこれを今日やってと言わないとこどもから自分でやることはなかった(低学年はどのテキストでもそうかも?)
  • 簡単すぎる?学校のプリントといった感じです。逆にこれをできれば学校のテストは100点になるといった感じでした。
 
通信教育の過不足は各家庭で調整するということだと理解しました。
量の少なさはデメリットでもありますが、メリットでもあります。
 
通信教育のテキストだけで必死になることなくテキストが終わったら、足りないと思われる計算をしたり、漢字練習をしたりと柔軟(とはいえほとんどできていませんが)に対応することかと思います。
1年のときは色々と考え?通信教育なしで1年間走り抜けたわけですが、迷っていたくらいなら、1年間がんばる舎をとっていても良かったかなと反省しています。
(今、2年なので、大した差がついたとかそういうわけではないのですが。。)

2017年11月14日 (火)

がんばる舎 11月号終了!

がんばる舎エースの11月号は終わらせました。
1日に1枚か2枚。



1日20分という触れ込みですが、数分で終わるプリントも多かったです。

ただ、1ヶ月分をまとめてやろうとすると結構な量になるので日々の勉強は大切だなと。

そして、何気に問題がよく吟味されていて良質でした。

習い事があってもとりあえず一枚はやろうよ、とやることにしたの。今までは宿題をしてピアノ練習して、学校の準備をしてという流れの中に日々ちょっとだけ家庭学習を入れ込みました。

国語は教科書に沿っているので同じ文章を家でもやることに意味があるのか?と当初疑問に感じましたが、音読の宿題のときに音読し、該当のページの問題を解かせたりしました。
学校とは微妙に異なる角度の問題だったりしたようです。

算数は11月は九九がメインでした。

二年の九九まできて、改めてうちの子の計算と遅さが演習不足によるものだと気づきました。

単純な計算練習を日々少ししただけで、テキストを進めるスピードが変わってきたのは驚きでした。

まだまだ幼く問題を解く経験の少ないムスメは問題文で問われている意味がたびたびわからないこともあり、

わからない

と叫ぶことも。

ある程度は経験だと思っていますので小学校に入ってから一年間家庭学習をさぼった分を粛々としています。

マイペースで闘争心があまりなく、10を聞いたら7位しか理解していないタイプですが、素直で真面目なのは代え難い才能だと思って色々言いたいことを我慢。

8月号から通信教育を始め4ヶ月となりました。
やり残すことなく終えています。

家庭学習の方法やリズムが徐々につかめてきた気がします。

冬からはもう少しまじめに発展問題にも取り組んでいく練習をしていく予定です。

チャレンジを二カ月してがんばる舎を二カ月してチャレンジに戻したところで思うのが、

がんばる舎の方がチャレンジより難易度も若干高く、問題量も多く整理されていると感じました。

子供自身はチャレンジの方が好きなのが悩ましいところ。

チャレンジも少しとってはやめたりしたため、教材ではない方の冊子も結構熱心に読んだりしているのでそれはそれでいいのかと思ったり。

薄かろうとなんであろうと毎月一冊のテキストを終えているというのはそれだけですごいことなのだと思います。

2017年11月13日 (月)

シーラントをしました。

六才臼歯にシーラントをしました。

まだ一本だけでしたのでまた来月あたり行く予定です。

日曜は近くの健康増進フェアとか食育フェアに行き、ムスメはバスボムを作ったり、薬剤師体験をしたり、楽しかったです。



薬剤師体験はお菓子を言われた通りに機械に入れると、下から薬局で渡される形式で小分けにして袋に入って出てくるといった体験でした。

シロップも作りましたが、そちらはカルピス。

どこぞかの薬剤師さんのブログを読んでいたら薬剤師の仕事は薬を作ることがメインではなくて薬の知識を元に飲み合わせや量をチェックしたり、病人と話して説明する方だ!と書いていて

そうだよな

と思った次第。

とはいえ、子供に体験させるには難しい内容ですしね。

子供には色々な仕事があり、私たちは様々な人と職業の人にお世話になりつつ生活をしていることに気づいてほしいと思いました。

2017年11月10日 (金)

チャレンジ再び!

少しの間、退会をしていたチャレンジに12月号で再入会しました。

このようなものが届きました!

箱がかわいい



九九マシーンとルーレット


テキスト




12月入会でも九九バトルが届くのは嬉しいです!ムスメはゲームがしたくてしたくて仕方ないので、これを与えても喜びます。九九はもう覚えてしまったけどね。

12月は赤ペン先生ではなく実力テストになっています。

チャレンジ再開には若干の迷いがありました。

家庭学習時間ほぼゼロだった夏前はムスメは学校でみたことがない問題や内容には強烈な抵抗というか思考ゼロ状態になることもあり、チャレンジで徐々に慣らしていったという経緯があります。

その後、がんばる舎で素っ気ない問題にも慣れてきたところだったので、このまま、もっとお勉強モードの通信教育にいくか?それとも?

という迷いの末に、通常のチャレンジと発展ワークを一緒に頼んだというわけです。発展ワークの冬号はまだ届いていません。

計算力強化もしているので、ベースとなるお勉強はなるべく教科書準拠の簡単なものがやる気が出るかな、と。

でもポイント集めにこだわるとややこしいので何れにせよ、欲しがっていたスタンプは1月に買ってあげることにしました。

ムスメはチャレンジの付録が大好きなのでこれはこれでいいわけですが、個人的に教科書準拠のポピーも気になります。

チャレンジは2ヶ月間受講が最短の受講月数なので、とりあえず二ヶ月はとります。

2017年11月 9日 (木)

小学2年生女子 習いごと

フルタイムワーキングマザーです。




今、娘が習っているのは以下のとおり






月:スイミング


火:なし


水:なし


木:スイミング


金:なし


土:ピアノ(AM) バレエ(PM)


日:なし






スイミングは帰宅後、スイミングの専用バスにのって行きます。


スイミングの振替は火曜日にとっています。(祝日など)




土曜授業のときはピアノが金曜日になります。




オンライン英会話を週に1回30分自宅でしています。




お勉強は7月から通信教育を開始しました。




習い事がない平日は学童に行っています。水曜日は学童のイベントが月に1回ほどあります(お誕生会など)




学童でみっちり遊んでいるのとスイミングの前にもお友達と遊んでいることが多いので遊ぶ時間はかなりとっています。(というか遊んでばかり!)




スイミングに行って、バスに乗り込む前にお菓子交換をお友達と楽しんでいるようです。




公文に行くことを数回勧めましたが、嫌がられています。(他の習い事はいいのに、公文は嫌だそうです)

«塾のテスト

List

  • サイト内検索

    ウェブ全体から検索
    このブログ内検索
  • 旅行も好き
  • 小学生育児-ランキング参加しています
  • 応援してね!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ