2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 絶版になった本と最近読んだ本の話 | トップページ | さんわの手羽唐 »

2011年12月 8日 (木)

愛知~滋賀旅行1

23日で愛知~滋賀に旅行に行ってきました。

お休みが取れたので、2日前に決めました。

名古屋に住んでいる義妹(夫の妹)に先月、赤ちゃんが生まれたので、みにいく!

というのと、すべての都道府県を訪ねてみる!プロジェクト(?)達成のために行ったことのない県としてあがってきた滋賀県を訪ねてみよう、ということで決まった行き先です。

ちなみに残りは15県。遠いところばかりが残っています。

子供が3歳になる前に飛行機で四国には行ってみたいと思っていますが・・・。

直前だと、飛行機はやはりすごく高くてツアーも予約できず・・・ということで、車での旅行です。

国内ツアーはたいてい10日前までの予約で、航空会社のサイトでの予約だと3日前まで可能だったりしますが高くつくんですね。

宿は直前でもネットで予約できるので楽天で夜中に予約しました。便利な世の中です

色々なサイトをみますが、急いでいるときは、やはり楽天トラベルが宿の登録数が多いこともあり一番便利で安いのがみつかる気がします。今回は使用しませんでしたが、楽天トラベルのレンタカーも結構お勧めです。

さて、その日は、すごい雨。家を出たのは11時です。

もっと早く出たかったのですが、準備をしていたらあっという間に時間がたってしまって。言い訳・・言い訳・・・言い訳。

途中から雨もやんできて、ドライブを楽しみました。

静岡を通過するときに茶畑をみたりしました。こんなに並んでいるのを今までみた記憶がなかったので興味深くみましたよ。

茶畑はすごーく、高い位置に扇風機があるんですね。

なんでだろうと思ってあとから調べたら、霜がつくのを防いでいるらしいですね。

ある温度以下で勝手にまわるのだとか

静岡に行くといえば、伊豆方面ばかりですが、伊豆以外の静岡も今度旅行してみたいですね。

さて、愛知に入ると湾岸沿いは、工業地帯があり、またしても私にはなじみのない風景でした。

東京の湾岸(お台場とか)とはまた違った雰囲気です。

煙突がたくさんあり、もくもくと煙を出していました。

映画の一シーンみたいで少し刺激的でした。

少し関東を離れるだけで、本当に自分の知らない風景があるのだな、と毎回、旅行のたびに感じます。

さて、やっとこさ、最初の目的地である三重にある名古屋アンパンマンミュージアム(名古屋とつくのに三重県にあるってどういうことよ!)に行こうと思ったら16時でクローズ(!!)結局入れず。

ちなみに、横浜にあるアンパンマンミュージアムと違うのは、横浜は入場料を払わなくてもお店などミュージアム以外には入れるのですが、三重(名古屋)アンパンマンミュージアムは入場料を払わないと、お店もみることさえもならず・・・

それも1500円ですからね。無駄遣いしないですんだということにしておこう。

横浜と基本的には同じみたいにみえたので、来年になったら横浜のアンパンマンミュージアムでリベンジかしらね。

ちなみに長島ジャズドリームというアウトレットも隣にあるのでブーツを買ったり買い物を楽しみました。

キッズスペースも室内にあって、ムスメと夫はそこで遊んで待ってもらえるのもいいですね。アウトレットにキッズスペース。おもちゃはあまりなかったのですが、これは私にとってはいいなーと思う施設でした。

アウトレットはたいてい、外には遊ぶスペースがあるのですが、寒いし(特に親が)ということで室内の無料キッズスペース、是非、他のアウトレットも検討してほしいですね。特にママのゆっくりと買い物をしたいという欲求のためにも!!

あわただしく45分くらいで買い物をして移動しました。

次回はゆっくり来たいな

その後、義妹の家を訪問(愛知県の名古屋の近く)。既に19時くらいになってしまいました。

赤ちゃんをみて、お風呂にも入らせてもらって、宿がある一宮に移動しました。

宿泊はビジネスハウスさかい

値段がとにかく安くて3400/人。

和室なので、添い寝もしやすいし、なかなかお勧めです。

満載の一日だったので、気絶をするかのように寝てしまったムスメでした

« 絶版になった本と最近読んだ本の話 | トップページ | さんわの手羽唐 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶版になった本と最近読んだ本の話 | トップページ | さんわの手羽唐 »